おうし座

星占い星座 - おうし座

おうし座は、星占いの星座の2番目。一般的な星占いでは、4月21日~5月20日生まれの人の星座です。 この星座の見頃は、12月から3月までの4ヶ月間。にぎやかな冬の星空の先陣を切って東の空に現れます。
おうし座
星座名宮(サイン)の名称一般的な期間見つけやすい時期見つけやすさ
おうし座金牛宮(きんぎゅうきゅう)4月21日~5月20日12月~3月ころA

おうし座の見つけ方

賑やかな冬の夜空は、初めての星座探しにはうってつけです。都会の空でもすぐに見つかるオリオン座、それを取り囲むように輝く1等星たち。おうし座にも、その1等星のひとつ、アルデバランがあります。おうし座の目印は、オレンジ色に輝く1等星です。

おうし座の目に輝く1等星アルデバラン、冬の空を見あげればすぐに見つかります。でも、冬の夜空は明るい星が多いので、どれがアルデバランか迷ってしまうこともあるでしょう。そんな時は、オリオン座の三ツ星を上に向かってまっすぐ伸ばした先の星、と見当をつければよいのです。

この星は明るいので、オレンジ色をしていることも一目見てわかります。まるで血走った目のよう。牡牛という名前にふさわしいかもしれません。

アルデバランのあるあたりに、「V」の字のように星がならぶのがおうしの顔の部分。ヒアデスという散開星団です。ヒアデスからツノが2本伸び、その先に星がひとつづつ。背中の部分にあるのが有名なすばる、プレアデス星団です。

おうし座は、都会でも牛の姿を追うことができますが、何と言っても目印は、赤い目の星アルデバランです。


おうし座の見える場所

上の星空が見える時期
日付時刻
12月15日ころ20時ころ
11月15日ころ22時ころ
10月15日ころ 0時ころ
 9月15日ころ 2時ころ

上の星空が見える時期
日付時刻
 1月15日ころ20時ころ
12月15日ころ22時ころ
11月15日ころ 0時ころ
10月15日ころ 2時ころ
 9月15日ころ 4時ころ

上の星空が見える時期
日付時刻
 2月15日ころ20時ころ
 1月15日ころ22時ころ
12月15日ころ 0時ころ
11月15日ころ 2時ころ
10月15日ころ 4時ころ

上の星空が見える時期
日付時刻
 3月15日ころ20時ころ
 2月15日ころ22時ころ
 1月15日ころ 0時ころ
12月15日ころ 2時ころ
11月15日ころ 4時ころ

Scroll Up