パルディ天球図より、こと座 Ignace Gaston Pardies, Wikimedia Commons

コップ座

神々の酒杯というコップ。ラテン語ではクラーテル。英語読みはクレーター。隕石の衝突跡の「クレーター」の語源です。

コップ星図

コップ座

名称星座名コップ
略号Crt
学名Crater
所有格Crateris
英語名the Cup
設定者プトレマイオス
概略位置赤径11h20m
赤緯-15°
面積282
季節
南中5月上旬
星数1等0
2等0
3等0
4等4
5等6
6等23
変光星68
データ出典:
 星座名・概略位置・星数:天文年鑑2020
 名称(星座名を除く):IAU Webサイト
神々の酒盃ですから私たちが使うコップとは違い、両手持ちの2つの取っ手がついている、優勝カップのような形です。

春の空、うみへび座の上の暗い空に、ろくぶんぎ座からす座とともにのっかっている星座で、からす座よりも見つけづらく、ろくぶんぎ座よりも見つけやすい、という星座。見つけやすいといっても、一番明るい星で4等星、もちろん、都会の空では見つけるのは難しいでしょう。

4等星と5等星をつないでコップを想像します。4等星のαと、5等星のβがコップの底、γ-ζ-η-θ-ε-δ-αとつないでいくと、確かにコップのような姿に見えてきます。

このコップは、酒の神ディオニュソスが使っていたもの、ヘルクレスが使っていたもの、魔女メディアが魔術で使っていたものなど、いろいろないわれがあります。


Hipparcos
番号
バイ
エル
符号
赤径赤緯固有名
カタログ名
意味アルマゲスト名実視
等級
絶対
等級
スペクトル距離
(光年)
53740α CRT10h59.8m-18°18’アルケスカップ海蛇と共通でコップの足の星4.080.44K1III174
54682β CRT11h11.7m-22°50’  コップの足の後にある2星の東星4.46-0.10A1V266
55705γ CRT11h24.9m-17°41’  コップの中央2星の南星4.062.01A9V83.8
55282δ CRT11h19.3m-14°47’  その(γ)北星3.56-0.32K0III195
データ出典: バイエル符号・等級・スペクトル・距離 Hipparcos 星表  絶対等級・独自計算  固有名・意味 星座の神話  アルマゲスト名 アルマゲスト
Scroll Up