ヘヴェリウス星図 くじら座
ヘヴェリウス星図 くじら座

尻尾デネブに想う

秋は、尻尾の季節です

いや別に、尻尾が収穫されるとか、尻尾がおいしいとか、身体から尻尾が生えてくるとか、ということではありません。

空に、尻尾がたくさん見える頃なのです。

しっぽの星たち

しっぽの星たち

デネブ

夏のしっぽたち

夏のしっぽたち

明るい星たちには、それぞれ名前があります。昔、星座の星の並びを伝えるために「おなかの星」「肩の星」「頭の星」などとしていたものが、様々な言葉に翻訳されていくうちに、「音」として記録され1、その星の名前になっていったものです。

例えば、オリオン座ベテルギウスは、「巨人の肩」という意味。48の星座をまとめたプトレマイオスのアルマゲストに「右肩にある赤い輝星」と著され、それがアラビア語、ラテン語と翻訳されていくうちに「Betelgeuse(ベテルギウス)」という名前になりました2

特に、動物の星座に多いのが、「尾」という意味の「デネブ」という名。

有名なのは、はくちょうの尻尾の星、そのものずばり、デネブ。英語でいえば、The EarthとかThe Sunと同じように、The Deneb、となるでしょうか。夏の大三角の星の一つ。

1等星、明るい星で見つけやすいですし、ほとんどの方が、学校で一度は学習しているはずです3

デネブカイトス

秋のしっぽたち1

秋のしっぽたち1

次に有名なのは、クジラの尻尾、デネブカイトス。デネブは尻尾、カイトスはクジラ、という意味4

こちらも、くじら座の尻尾に輝いています。

秋の空に1等星は一つ、みなみのうお座フォーマルハウトしかありません。その左側、少し離れて輝く2等星。意外と目立ちます。

デネブオカブ

尻尾の星、3つめは、はくちょうの南側、わし座にあります。わしの尾の星、デネブオカブ。

もう、想像がつくでしょうか、デネブは尻尾、オカブが鷲、の意味5

その名の通り、わし座の尻尾にあります。3等星なので、街中では見つけにくくなってきます。

デネブアルゲディ

秋のしっぽたち2

秋のしっぽたち2

秋の空の尻尾の星、まだあります。4つ目は、ヤギの尻尾の星、デネブアルゲディ。

デネブは(はい、ご一緒に)尻尾、アルゲディは、ヤギ、の意味6

下半身が魚の姿になったヤギの、その尻尾のところに光っています。

こちらも3等星。夏の大三角、こと座のベガから、わし座のアルタイルをつないで、そのまま伸ばしたところにある、逆三角形星の並び、やぎ座の左上の星です。

アルダナブ

尻尾の星、5つ目。つるの頭に輝く、アルダナブ。

つる座、という星座があります。みなみのうお座よりもさらに南、地平線ギリギリに見えるつる座。街中では、光害とビルで、また、明るさも3等星ですから、見つけるのはとても難しい星です。

さて、アルダナブ。デネブと同じで尻尾という意味7、なのですが、あるのは、つるの尻尾ではなく、頭。これはまたどうしたことか。

しっぽの長いみなみのうお

しっぽの長いみなみのうお

実はつる座は、あとから作られた、比較的歴史の浅い星座8。つる座ができる前、ここは、みなみのうお座の一部でした。

みなみのうお座の1等星、フォーマルハウトは、魚の口、という意味。そこから、右側に楕円の形に星をつないで、魚をイメージします。が、ちょっと寸詰まりな印象。このアルダナブと、その南にある二つ並んだ星の右側、アルナイルという星は、もともとは、みなみのうお座の尻尾、と、されていました。そう、つる座を作った時、星が取られてしまったのです。

もし、これがみなみのうお座の星だったら、大漁旗に描かれそうな(?)水平線から飛び上がってきた、生きのいい魚の姿が、空にあったわけです。ちょっと残念。

デネブアルダルフィム

夏のしっぽたち

夏のしっぽたち

尻尾の星、6つ目は、4等星と暗いのであまり知られていませんが、いるか座のしっぽの星、デネブアルダルフィム。そのまま「デネブ」ともよばれていました。「ダルフィム」は、もちろん「いるか」という意味。口から火を噴くヨガの名人のことではありません。

デネブで探す星座たち

このように、秋には「デネブ=尾」という星がたくさんあります9

この、デネブつながりの、ちょっとマニアックな星座解説、プラネタリウムでも、わりと評判がいいのです。秋の空でしか紹介できない、季節限定の星座解説の一つ、でした

そう。

いまでは、もうこの解説は、できなくなってしまいました・・・。

2016年ころから「デネブたち」の名前は、次々に変えられてしまったのです!

デネブが消されていく・・・

くじら座のデネブカイトスは、ディフダという名前に、デネブオカブやデネブアルダルフィムは「デネブ」が消され、ただのオカブ、ただのアルダルフィムになってしまいました。ディフダは、二匹目のカエル、という意味。クジラの尻尾にカエル? 1匹目はどうした!10

そんな風に変えたのは、国際天文学連合冥王星を惑星ではなくした、あの組織です。

惑星一つを消してしまうほどの強大な力を持つ組織11ですから、デネブを消す、などというのは、朝飯前(国際天文学連合 星名カタログ)。 気が付くと、天文アプリや、天文雑誌、星座解説本などから、何事もなかったように、デネブたちは消えてしまいました。

嗚呼、デネブ

どうして消されたのか、詳しくは知りません。「デネブばっかりでウザくね?」という感じで消されたのでしょうか。

昔の人たちが想像した星座の姿を、空に描いてくれたデネブたち。

星の名前にも、きちんと意味があるのだ、と、教えてくれたデネブたち。

星好きな人たちに、マニアックな星の楽しみ方を教えてくれたデネブたち。

そんなデネブたちは、もういません・・・。

あるのは、星座とは少し距離ができてしまった、呼び間違いが起こらない名前たち。それも時代の流れ、冥王星が惑星でなくなったり、みなみのうお座から星が取られたり、というようなもの。科学の世界ではよくあることで、頑固者だけが悲しい思いをするのです。

デネブは死なず

ただ。

冥王星もつる座も認めるものの、この件についてだけは頑固者の私。

名前ですから、間違えないことが大事なのは理解できます。でも、いろいろなデネブを紹介することで、

     
  1. 「デネブ」はしっぽという意味  
  2. デネブと組み合わされた、「アル」「ゲディ」「オカブ」「デルフィム」などにも意味がある  
  3. 星の名前は、星座絵に当てはめてつけられているものが多い  
  4. じゃあ、他の名前はどんな意味?
と、星の名前への興味付けや、知的探求を進めるきっかけになる、と信じています。

今日もプラネタリウムで、デネブカイトス、デネブオカブと紹介します。誰がディフダなどと呼んでやるものか!

そのうち、私の存在も消されてしまうかもしれません。何しろ相手は、惑星一つを消してしまうような組織ですから12

  1. 「What time is it now?」が、「ホッタイモイジルナ」みたいな感じでしょうか
  2. 綴りからもわかるように、「ベ(Be)」テルギウスです。ときどき「ぺ(Pe)」テルギウスだと思っている方がいますので、念のため。
  3. だいたい、小学校4年生で学習します。覚えてますか?
  4. 星座の神話 P204
  5. 星座の神話 P164
  6. al はアラビア語の定冠詞だそうで、ゲディがヤギの意味。星座の神話 P177
  7. 星座の神話 P189
  8. 16世紀にバイヤー(バイエル)が制作した星図で紹介されています
  9. 春の星座、しし座の尻尾に輝くデネボラも、尻尾という意味。春の大三角を作る星の一つの、2等星です。春になったら探してみてください
  10. みなみのうお座のフォーマルハウトが一匹目のカエルだそうです。明るい星二つが並んで、それをカエルに見立てたのですね
  11. 高校生を小学生にする薬を作った、あの組織と張りますね
  12. もちろん冗談です。本気にしないでください。天文学連合関係の皆様も、どうか、気を悪くなさらないよう。でも、怒ってますけど
Scroll Up