パルディ天球図より、こと座 Ignace Gaston Pardies, Wikimedia Commons

40万年後

40万年後 『春』

40万年後 『春』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

40万年後 『春』

ケフェウス座ガンマ・エライ(1.3等級)が南の空低くまで移動し、まもなく日本からは見えなくなる。北斗七星の星たちは「おおぐま座星流」という、同じ運動をしているグループ。太陽系に近づきつつあり、明るさが増して来ている。その中のひとつ、アリオト(1.3等級)は1等星になった。

40万年後 『夏』

40万年後 『夏』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

40万年後 『夏』

ヘルクレス座デルタ・サリン(1.4等級)が、へびつかい座の足で1等星となっている。りゅう座ガンマ・エルタニン(1.6等級) へびつかい座ベータ・ケバルライ(2.4等級) かんむり座アルファ・アルフェッカ(2.4等級) ヘルクレス座ベータ・コルネフォロス(2.2等級)など、天頂付近にパラパラと2等星がある。この中で、はくちょう座アルファ・デネブ(1.2等級) さそり座アルファ・アンタレス(1.0等級)は相変わらず。

40万年後 『秋』

40万年後 『秋』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

40万年後 『秋』

こと座アルファ・ヴェガ(-0.7等級)が変わらず明るい。カシオペヤ座付近で、カシオペヤ座アルファ・シェダル(2.2等級)ガンマ・ツィー(2.1等級) ケフェウス座アルファ・アルデラミン(1.5)と並んで輝く。

40万年後 『冬』

40万年後 『冬』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

40万年後 『冬』

ぎょしゃ座ベータ・メンカリナン(1.2等級)が、現在カペラのある辺りで1等星となっている。冬の空も、2等星こそ10個以上集まっているが1等星は3つと、ずいぶんと寂しくなってしまった。

40万年後 『南天』

40万年後 『南天』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

40万年後 『南天』

この時代の1等星の半数が南天にある。いて座ラムダ・カウスボレアリス(1.1等級) ケフェウス座ガンマ・エライ(1.3等級)など、日本から見えていた星も南天に行ってから1等星になって輝く。

1等星

 位置(J2000)  位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯 順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1ヴェガ-0.65 18 1h56.5m+55°26′ 10アンタレス 1.05 60016h24.2m-29° 1′
2カノープス-0.44 340 6h36.7m-50°14′ 11カウスボレアリス 1.09 3515h10.5m-75°16′
3リゲル 0.25 800 5h15.4m– 8°16′ 12メンカリナン 1.17 59 5h10.4m+44° 9′
4ベテルギウス 0.60 460 6h 6.7m+ 8°32′ 13デネブ 1.25320020h42.4m+45°27′
5シリウス 0.64 2222h 9.7m-58°31′ 14エライ 1.29 1912h47.6m-38°28′
6ハダル 0.65 53013h31.2m-62°53′ 15アリオト 1.33 6614h35.5m+51°55′
7アケルナル 0.82 170 2h44.5m-59°58′ 16サリン 1.36 3516h52.7m-18°46′
8アクルックス 0.88 34011h51.9m-64°24′ 17ベクルックス 1.38 37012h 6.4m-60°38′
9スピカ 1.00 26013h 5.8m-14°37′

太陽系に近い恒星ベストテン

 位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1Hip20359 4.32 8.719h56.8m-15°30′
2Hip98698 4.84 1314h50.7m+52°19′
3ロス15411.06 13 2h30.8m– 6°17′
4Hip68184 4.66 14 2h32.8m+18°27′
5χORI 3.02 15 3h27.5m– 5° 9′
6Hip8560511.44 16 4h44.9m+17°25′
7Hip23452 7.21 17 0h53.9m-59° 3′
8Hip20917 6.61 1717h41.3m+27°25′
9Hip23147 7.45 18 7h38.6m– 6° 7′
10ヴェガ-0.65 18 1h56.5m+55°26′
Scroll Up