パルディ天球図より、こと座 Ignace Gaston Pardies, Wikimedia Commons

100万年後

100万年前から100万年後まで、10万年ごとの夜空の様子を見てきました

数万年で夜空を駆け抜けていく星、明るさも場所も変わらずに輝き続ける星、いろいろありますが、この200万年間、変わらずに輝き続けた明るい星たちを紹介しましょう。

ここには載せなかった3等星以下の星でも、変わらずに輝いている星たちも、もちろんたくさんあります。

100万年後 『春』

100万年後 『春』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

100万年後 『春』

100万年後 『夏』

100万年後 『夏』
星座線は現在もの。星たちがどのったのか、の、比較のためです

100万年後 『夏』

100万年後 『秋』

100万年後 『秋』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

100万年後 『秋』

  • ペガスス座エプシロン・エニフ(2.4等級)
  • カシオペヤ座アルファ・シェダル(2.2等級)
  • カシオペヤ座ガンマ・ツィー(2.2等級)
  • ペルセウス座アルファ・アルゲニブ(1.8等級)
  • ペルセウス座ベータ・アルゴル(1.8等級)
100万年後 『冬』

100万年後 『冬』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

100万年後 『冬』

100万年後 『南天』

100万年後 『南天』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

100万年後 『南天』

1等星

 位置(J2000)  位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯 順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1メンカリナン-0.18 31 2h20.5m+29°10′ 12デネブ 1.24320020h43.9m+45°43′
2カノープス-0.18 380 6h50.6m-47° 7′ 13δSCT 1.26 3819h25.5m– 6° 9′
3エルタニン 0.17 5717h26.8m+34°20′ 14ズベンエスカマリ 1.28 8711h 5.0m-15° 5′
4リゲル 0.34 830 5h16.5m– 8°21′ 15メラク 1.31 4915h58.2m+48°29′
5ハダル 0.73 56012h35.8m-65°27′ 16デネブオカブ 1.32 3917h55.9m-75°43′
6Hip93429 0.80 3411h33.8m-56°14′ 17ηDRA 1.32 46 8h56.7m+80°14′
7ベテルギウス 0.81 500 6h21.4m+ 9°55′ 18アケルナル 1.34 220 3h57.4m-60°20′
8アンタレス 1.03 60016h15.8m-32°56′ 19アルヘナ 1.39 82 6h34.8m– 8° 9′
9アクルックス 1.05 37011h 2.3m-65°16′ 20アルカイド 1.40 8210h 9.7m+27°17′
10アリオト 1.06 5916h57.2m+30°50′ 21ヴェガ 1.42 48 4h26.4m+17°21′
11スピカ 1.08 27012h36.9m-19°24′

太陽系に近い恒星ベストテン

 位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1Hip23641 3.22 8.411h19.0m-48°10′
2Hip89825 6.81 1718h27.0m+ 0°11′
3Hip38228 3.94 18 7h 8.1m+13°58′
4Hip45333 2.56 19 8h37.1m+29°39′
5Hip36704 5.08 19 3h13.5m+27°11′
6Hip87330 5.53 2023h39.6m-58°13′
7Hip113421 3.64 2022h35.7m-16°51′
8Hip23318 3.17 2023h58.2m+56°51′
9Hip20907 3.87 21 6h49.3m-28°15′
10ムシダ 3.92 2122h 3.6m+35° 0′
Scroll Up