パルディ天球図より、こと座 Ignace Gaston Pardies, Wikimedia Commons

30万年後

30万年後 『春』

30万年後 『春』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

30万年後 『春』

ケフェウス座ガンマ・エライ(-0.3等級)が太陽系最接近。天頂高く輝く。色もオレンジ色で、ちょうど、現在のうしかい座アルファ・アルクトゥールスのようだ。しし座デルタ・ゾスマ(1.8等級)と、ガンマ・アルギエバ(1.7等級)がおとめの顔の辺りで接近している。アルギエバは、望遠鏡で見ると黄色い星が並んで輝く二重星。白いゾスマがそばにあり、『春』の夜の観望対象になるだろう。

30万年後 『夏』

30万年後 『夏』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

30万年後 『夏』

夏の大三角は、はくちょう座アルファ・デネブ(1.2等級)だけになってしまった。南の低空、さそり座は、遠い星たちで作られているので、形があまり変わらない。

30万年後 『秋』

30万年後 『秋』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

30万年後 『秋』

こと座アルファ・ヴェガ(-0.8等級)が太陽系最接近(17光年) この時代の主役は最輝星のこの星、北から空全体を照らしているかのようだ

30万年後 『冬』

30万年後 『冬』
星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

30万年後 『冬』

おうし座オリオン座のあたりに、明るい星がぎゅっと集まった印象。

わし座アルファ・アルタイル(1.0等級)がおうしの肩までやってきている。ぎょしゃ座アルファ・カペラ(1.4等級) ベータ・メンカリナン(1.4等級)と、また1等星が増え、ヒアデス星団の中に、ふたご座ベータ・ポルックス(1.9等級)が埋もれている。

30万年後 『南天』

30万年後 『南天』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

30万年後 『南天』

おおいぬ座アルファ・シリウス(0.0等級) エリダヌス座アルファ・アケルナル(0.7等級) りゅうこつ座アルファ・カノープス(-0.5等級)は明るいが、南十字星の1等星たち、ケンタウルス座付近の星たちが、すこしづつ暗くなってきている。

1等星

 位置(J2000)  位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯 順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1ヴェガ-0.81 1723h29.2m+63°18′ 10スピカ 0.99 26013h10.7m-13°46′
2カノープス-0.48 330 6h33.8m-50°49′ 11アルタイル 1.02 19 4h32.7m+24°18′
3エライ-0.30 8.913h 6.4m+15° 6′ 12アンタレス 1.05 60016h25.5m-28°22′
4シリウス 0.01 1722h58.1m-62°53′ 13デネブ 1.25320020h42.2m+45°25′
5リゲル 0.23 790 5h15.2m– 8°15′ 14ベクルックス 1.35 37012h16.4m-60°29′
6ベテルギウス 0.56 450 6h 3.9m+ 8°16′ 15カペラ 1.37 77 5h32.1m+25°52′
7ハダル 0.64 53013h39.7m-62°18′ 16メンカリナン 1.37 64 5h25.8m+44°33′
8アケルナル 0.73 160 2h29.0m-59°34′ 17カウスボレアリス 1.41 4017h35.9m-56°19′
9アクルックス 0.85 33012h 0.5m-64° 8′ 18アリオト 1.43 6914h 8.5m+53°37′

太陽系に近い恒星ベストテン

 位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1エライ-0.30 8.913h 6.4m+15° 6′
2ロス15410.31 9.4 1h40.6m-12°41′
3Hip93449 9.33 9.5 7h50.7m+48°21′
4Hip8560510.31 9.8 4h25.1m+33°12′
5Hip105766 2.66 10 4h56.8m+57°12′
6Hip20917 5.50 1020h22.5m+66° 9′
7Hip8696310.04 11 6h36.6m-15°50′
8Hip68184 4.35 12 2h55.0m+59°32′
9Hip11048 6.94 12 8h42.5m+10°20′
10Hip86961 9.52 13 6h13.1m-14°46′
Scroll Up