パルディ天球図より、こと座 Ignace Gaston Pardies, Wikimedia Commons

20万年前

20万年前 『春』

20万年前 『春』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

20万年前 『春』

りゅう座こぐま座など、現在の形に近づいてきている。りゅう座の中にオレンジに輝くのはうしかい座・アルファ アルクトゥールス(1.9等級) うしかい座付近には、しし座ベータ・デネボラ(2.4等級)も2等星になり、春の大三角の星がそろった。

20万年前 『夏』

20万年前 『夏』
星座線は現在もの。星たちがどのったのか、の、比較のためです

20万年前 『夏』

こちらも、わし座アルファ・アルタイル(2.4等級)が2等級台になり、ヴェガデネブと夏の大三角の星がそろう。いて座さそり座の形も現在に近づいてきている。

20万年前 『秋』

20万年前 『秋』

20万年前 『秋』

天の北極付近でぎょしゃ座アルファ・カペラ(-0.8等級)が最大光輝。おうし座アルファ・アルデバラン(-0.7等級)と同じように、北極星としても見えていただろう。南の空には、ほうおう座アルファ・ナイルアルザウラク(1.1等級)やみなみのうお座アルファ・フォーマルハウト(0.9等級)と、『秋』の南の空には珍しく1等星が2つみえる。

20万年前 『冬』

20万年前 『冬』

20万年前 『冬』

オリオン座付近を中心に、おうし座アルファ・アルデバラン(-0.7等級) おおいぬ座アルファ・シリウス(0.1等級) 東の空には、ふたご座アルファ・カストル(1.5等級) ベータ・ポルックス(1.4等級) こいぬ座アルファ・プロキオン(1.6等級)と、現在の冬空を飾る輝星がそろいつつある。

南の空低くには、とも座ロー、おおいぬ座エプシロン・アダラ(1.4等級) 北の空にはカペラがあり、全体に1等星が散らばる『冬』らしい華やかな空。

20万年前 『南天』

20万年前 『南天』
 星座線は現在のもの。星たちがどの辺りにあったのか、の、比較のためです

20万年前 『南天』

1等星

 位置(J2000)  位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯 順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1カペラ-0.76 29 2h16.0m+81°16′ 12スピカ 0.98 26013h34.8m– 9°23′
2カノープス-0.72 300 6h16.0m-54° 3′ 13ナイルアルザウラク 1.06 4222h47.5m+ 1°47′
3アルデバラン-0.70 32 3h59.0m+38°35′ 14アンタレス 1.07 61016h31.9m-25° 9′
4シリウス 0.12 18 7h48.6m+19°19′ 15ベクルックス 1.19 34013h 9.1m-58°51′
5リゲル 0.15 760 5h14.1m– 8°10′ 16デネブ 1.25320020h40.9m+45°12′
6アケルナル 0.27 130 1h 0.9m-54°27′ 17ガクルックス 1.31 7712h21.9m-40° 8′
7ベテルギウス 0.38 410 5h48.8m+ 6°47′ 18レグルス 1.32 7611h 6.7m+11°19′
8ハダル 0.60 52014h18.6m-58°55′ 19ポルックス 1.40 3810h13.2m+25°25′
9アクルックス 0.72 31012h43.9m-62°12′ 20アダラ 1.41 410 6h57.9m-29° 6′
10ヴェガ 0.77 3618h 1.2m+26°58′ 21ρPUP 1.42 33 8h48.3m-28°56′
11フォーマルハウト 0.94 2321h30.4m-17°28′

太陽系に近い恒星ベストテン

 位置(J2000)
順位名前明るさ距離
(光年)
赤径赤緯
1Hip103039 9.88 8.823h28.7m-16°52′
2εERI 3.60 9.9 9h42.2m– 0°41′
3Hip35136 1.87 1019h58.6m+33°38′
4Hip37766 9.93 1112h53.4m+52°14′
5Hip14754 9.03 11 2h26.8m-50°31′
6αMEN 2.90 12 4h36.4m-35°50′
7Hip3092010.93 12 1h35.4m+40° 4′
8Hip7751 4.38 1422h21.8m-46°23′
9Hip33226 9.46 1513h20.7m+29°58′
10πORI 2.04 15 1h30.5m+ 3°24′
Scroll Up